リハビリテーション部は当院の理念である「良くして帰す、そして支えるリハビリ」を目標に、住み慣れた自宅、地域で末永く暮らせる様に、リハビリテーションを提供しております。又、地域密着病院であることを常に意識し、地域との連携にも力を入れております。これからも患者様とともに生活を考え、人生をも一緒に考えていけるリハビリテーションを提供できるように日々精進してまいります。
理学療法士(PT)とは…
理学療法では病気・けが・寝たきりなどによって身体が不自由になった方々に対して、基本的な動作能力(起きる・立つ・歩くなど)の回復を図るために関節可動域練習(関節の動きをよくする)や筋力増強練習(筋肉を強くする)などの運動を行います。他に電気刺激療法や温熱療法なども行います。
また脳卒中患者様には早期からの装具療法を行い、最新の科学的根拠に基づいたリハビリテーションを患者様に提供できるよう日々研鑽に励んでおります。また近年、ボツリヌス療法(ボトックス療法)後のリハビリテーションにも力を入れております。
作業療法士(OT)とは…
患者様が再び"その人らしい主体的な生活"を取り戻すことが出来るように、その方々に合った「作業」を用いてリハビリテーションを行います。この「作業」には、日常生活に必要な着替えやトイレ、お風呂、家事の練習や、余暇活動および趣味的活動などが含まれます。作業療法とは"心と体のリハビリテーション"です。また栄養状態を考慮した筋力トレーニングを行うなど、栄養科との連携も近年力をいれております。
言語聴覚療法士(ST)とは…
脳の病気により上手く話が出来ない・上手く動けない・記憶が出来ない・上手く声が出ない・上手く飲み込めない等の障害に対して評価、訓練、治療をさせて頂きます。 当院では食事を楽しみとしておられる方々が多いため、摂食・嚥下機能訓練(食べる・飲み込む練習)に力を入れて支援しております。
回復期セラピストマネージャーとは…
一般社団法人回復期リハビリテーション協会が主催する認定資格です。
入院患者さま及びその家族さまに対する質の高いリハビリテーションサービスの提供は当然のこと、人的・環境的リスクに関するリスク管理及び多職種との協働、さらに病棟運営に寄与し組織管理を実践できる回復期リハビリテーション病棟セラピストマネジャーとしての PT・OT・ST を育成する。

・回復期リハビリテーション病棟協会:http://www.rehabili.jp/
・セラピストマネージャー概要:http://www.rehabili.jp/licencse/seramane2.pdf