〇個人情報保護方針

T.院内での利用目的
1.患者に提供する医療サービス
2.医療保険事務
3.入退院等の病棟管理
4.会計・経理
5.医療事故等の報告
6.当該患者への医療サービスの向上
7.院内医療実習への協力
8.医療の質の向上を目的とした院内症例研究
9.その他、患者に係る管理運営業務

U.院外への情報提供としての利用目的
1.他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者などとの連携
2.他の医療機関等からの照会への回答
3.患者の診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
4.検体検査業務等の業務委託
5.ご家族等への病状説明
6.保険事務の委託
7.審査支払機関へのレセプトの提出
8.審査支払機関または保険者からの照会への回答
9.事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
10.医師賠償責任保険等に係わる、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
11.その他、患者への医療保険事務に関する利用

V.その他の利用目的
1.医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
2.外部監査機関への情報提供

上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を
担当窓口までお申し付けください。お申し出がないものについては、同意していただけたものとして
取り扱わせていただきます。これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

〇患者の権利章典

患者には、医療を受けるにあたって、憲法が保障する基本的人権の尊重を要求する権利があります。
医療は患者と医療提供者がお互いの信頼関係の上で協同して取り組むべきものであります。
向山病院は、医療のなかでこれらのことを実現することが何よりも大切と考え、ここに患者の権利章典
を制定します。

1.だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。
2.医療を受けるにあたっては、一人の人間として、その人格や価値観などを尊重する権利があります。
3.病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な情報を
   受ける権利があります。
4.十分な説明と情報を受け、かつ納得のうえで検査や治療方法などを自分の意志で選ぶ権利があります。
5.自分の診療記録の開示を求める権利があります。
6.診療中得られた個人の情報が厳密に保護され、またプライバシーが他人に晒されず、乱されない権利があります。
7.自分が受けている診断や治療について、他の医師の意見を求める権利があります。

〇倫理規程・方針

(臨床倫理方針)
患者の尊厳及び人権に配慮して、患者にとって最善の医療を適切かつ十分に提供
することを目的として、次のように臨床における倫理方針を定めます。
1. 患者の自己決定権を尊重し、患者が自己決定できるように、専門職として考えられる最善の方法
   を助言する等、正確な情報を提供します。
2. 患者の人権を尊重し、患者の利益のために積極的な行動をとります。
3. 患者の治療にあたっては、関係法令、ガイドラインを遵守します。

(職業倫理方針)
医療法人りんどう会において、すべての職員が法人(病院)理念および基本方針に基づき、意欲と誇りを
もってその使命を果たすことを目的とし、次の通り職業倫理に関する規定を定めます。
1. 医療サービスの質の向上を図るため、確かな知識の習得と技術の研鑽に努めます。
2. 医療の公共性を重んじ、地域社会へ貢献するとともに法規範の遵守に努めます。
3. 患者の人権を尊重し、良心をもって、平等に接し、十分な説明と同意に基づく患者本位の医療を実践します。
4. 患者の信頼を得るために、医療内容やその他必要事項について十分な説明を行います。
5. 患者のプライバシーを尊重し、職務上知り得た情報の守秘義務を遵守します。


トップページ向山病院双葉クリニックグループホーム青翠園採用募集アクセスマップスタッフブログサイトマップ各規程 ・方針
Copyright c 2010 MUKAIYAMA-HOSPITAL.All Rights Reserved.